英語ができないと海外で働けない?

自分の英語力を活かして海外で働きたい!どれくらいの英語力が必要とされるのか? - 英語を理由に逃げない

アーカイブ

カテゴリー

英語を理由に逃げない

海外就職をしたいけど、迷っているという人のほとんどが、英語力に自信がないことが理由のようです。
日本人には英語に苦手意識を持っている人が非常に多いようですから、これも仕方のないことなのかもしれません。
特に海外で就職をするということは大きなチャレンジになるので、不安要素があると腰が引けてしまうのかもしれません。

留学の延長と考える

例えば学生が留学をすることの理由の一つに、言語を習得するためという目的があったりしますよね。
海外就職もそれと同じような意味で、できないことをできるようになるために、海外で仕事を探す、と考えてみましょう。
そうすると、できないから行かないのではなく、できないからこそチャレンジしてみるというような考え方に変わってくるかと思います。

英語はコミュニケーションの方法の一つ

英語の文法はわかっても発音に自信がないというようなことを、自分は英語ができないというように思ってしまう人もいるようです。
ですが、英語というのはただのコミュニケーションの手段なので、要は伝われば問題はないということになります。
どれだけ発音がダメでも、相手に伝わっていればそれで言語としての役割は果たしているということになります。
そうなれば、仕事をする上での英語力という意味では目標を達していることになりますし、あきらめる理由にはなりません。

英語ができなければだめというわけではない

海外で働くためには、英語というのは必ずしも必須なものではありません。
今できなくてもこれからできるようになっていけば問題はありませんし、伝えるためのコミュニケーションができさえすれば、それは正しい英語でなくても問題はない、ということですね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2017英語ができないと海外で働けない?All Rights Reserved.