英語ができないと海外で働けない?

自分の英語力を活かして海外で働きたい!どれくらいの英語力が必要とされるのか? - 英語ができなくても働けるケース

アーカイブ

カテゴリー

英語ができなくても働けるケース

海外就職を考えたときに必ずハードルとして挙がってくるのが、「英語ができないといけないのか?」ということですよね。
英語圏に出て行って働くのであれば英語は必須と思われるかもしれませんが、実は英語ができなくても働けるパターンというものが存在しています。
英語に自信がなくても海外で働けるケースには、本当に海外で働くときに求められる能力が共通しています。

企業が求めるスキルを持っている

これは海外に限らず日本での就職でもいえることですが、本当に就職する際に必要になるものは、その企業が求めている個人としてのスキルになります。
これを持っていない人は、たとえどれだけ英語ができたとしても海外で就職することはできなくなるでしょう。
英語というのはあくまで言語であり、会話のための手段なので、それができるからといってイコール仕事ができるということにはつながりません。

日本語を使える環境でのビジネス

海外で就職をするとしても、そこで一切日本語が使えないというわけではない場合もあります。
例えば日本に出てきている外国人の人達も、働いている会社の中には同じ国籍の人が多く、母国語を使って会話をしているということはよくあります。
ここでも同じように、自分のビジネスパーソンとしてのスキルを示していくことが、就職のためには必要になってきますね。

英語はあくまで手段

英語は英語圏の人と会話をするための手段の一つなので、それ以外にも求められることは多々あります。
海外で就職する際も日本語を使える環境を探して就職する、ということで英語に自信がなくても就職をすることは可能です。
英語に多少自信がなかったとしても、それ以外のところでスキルを発揮できる自信があるのであれば、それだけでアピールの理由としては成立していくことでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017英語ができないと海外で働けない?All Rights Reserved.