英語ができないと海外で働けない?

自分の英語力を活かして海外で働きたい!どれくらいの英語力が必要とされるのか? - 海外就職を視野に入れて

アーカイブ

カテゴリー

海外就職を視野に入れて

海外で就職をするためには、英語ができる必要がある、英語ができれば問題ないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、海外で就職をするにあたって、海外の就職事情を知っておきましょう。
状況を深く知り、本当に日本ではなく海外で就職をするかどうか、検討してみましょう。

欧米の不況と就職

先進国での就職状況は、実は最近ではかなり厳しい状態になってきているのです。
仕事自体は求人があるかもしれませんが、ビザの取得という面で厳しく管理されるような状況になってきています。
アメリカなどでは不況の中で少しでも状況をよくするため、国民の雇用を推奨するようになります。
その結果何が起こるかというと、外国人の労働ビザに対して目が厳しくなり、そこには日本人も含まれています。

英語圏以外にも目を向ける

海外で就職をするとなると欧米の先進国がまず最初に浮かびがちですが、そこ以外でも就職先を見つけることは可能です。
例えば日本から近いアジア圏でも、海を渡って仕事を探すということもできるでしょう。
そこでも、現地の言葉を一から学ぶことはなくても、英語ができればたいていの場所では通じるという状況が生まれるでしょう。

選択肢を広げて探してみる

英語力に自信を持つことができれば、就職先として様々な場所を考えられるようになります。
日本だけにとらわれず、海外の幅広い中から自分の本当にやりたい仕事を見つけることができるようになるので、英語力を持っておくということは損はないでしょう。
もちろん、英語だけではなく各分野の仕事において求められるスキルがあることは、就職をするためにはまた別途必要になってくる能力ですね。
自分の可能性を知るために海外にも目を向けてみましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017英語ができないと海外で働けない?All Rights Reserved.