英語ができないと海外で働けない?

自分の英語力を活かして海外で働きたい!どれくらいの英語力が必要とされるのか? - 海外で働くための英語

アーカイブ

カテゴリー

海外で働くための英語

社会人になってから英語を克服するために、習っているという人は非常に多いようです。
その中には、いずれは海外で就職をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
もし、海外で働きたいと考えているのであれば、実は英語よりも先に身に着けるべきものがあります。

大事なのは仕事につかえる専門性

英語ができるということは、言ってみれば英語圏でいえば普通のことであり、それは特にアピールできる事柄ではありません。
日本人にしてみれば、英語ができるというのは自慢できることの一つかもしれませんが、海外に出てみるとまったく関係がなくなります。
それよりも、就職したいと考えている企業に対してアピールできる、仕事での専門性を身につけたほうが、海外就職ではぐっと有利になることになります。

勉強を目的にしない

海外で働くために英語を勉強する、ということは良い心がけかもしれませんが、それだけで終わってしまっては意味がありません。
それでは、海外に対してアピールできることが、自分は英語ができます、ということだけで終わってしまうからです。
海外就職のために必要なのは、自分が目標としている仕事で必要になるスキルを身に着けることであり、あくまで英語はコミュニケーションのためのおまけなのです。

英語にとらわれすぎないこと

英語は英語圏の人とコミュニケーションをとるためには必要な手段かもしれませんが、それがすべてではありません。
仕事ではコミュニケーションさえとることができればそれで問題ない部分がありますし、それで求められている仕事を達成できるのであれば、英語の能力は完全に高いものではなくてもよいのです。
海外就職のためには英語が必要と考えている人は、今一度そこを考え直してみましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017英語ができないと海外で働けない?All Rights Reserved.