英語ができないと海外で働けない?

自分の英語力を活かして海外で働きたい!どれくらいの英語力が必要とされるのか? - 幅を広げるためには必要

アーカイブ

カテゴリー

幅を広げるためには必要

海外で就職をするためには英語力が求められると思いがちですが、それがなぜそう思われるのかを考えてみましょう。
ただ単に海外だから英語は必須と思いこむのではなく、その背景を考えることで本当の理由がわかってくるかと思います。
英語というのはただの言語ですから、それはあくまで仕事に直結するものではないのです。

英語ができるイコール就職できるではない

現在では不況の時代ですから、どこの企業も人を採用することについては慎重になってきています。
なので、英語を話すことができる日本人がいたからといって、すぐに採用が決まるということはもちろんありません。
あくまで、その時点でさらに追加で自分の仕事の上での価値を伝えることができなければ、仕事を得ることはできないでしょう。

英語を話せる人は大勢いる

日本人にとっては英語が話せるというのはかなり強い能力のように思われがちですが、世界レベルではそういうわけでもありません。
ほとんどの人が英語をしゃべることができるので、むしろ教育を受けていて英語が喋れない日本人のほうが特殊という見方をされることもあるくらいです。
それだけ、英語が喋れるというのは突出した能力ではないので、それをことさらに自慢しても海外就職には有利に働かないでしょう。

幅を広げるための手段

海外就職においても、英語を使うことなく就職先を見つけることは実は可能です。
同じ日本人が働いている会社を見つけたり、日本語でも問題なくコミュニケーションが取れる場所を見つけることがその一つの方法になります。
もちろん、英語が使えてコミュニケーションが取れるほうが、話せる人が増えるわけですから、選択肢の幅は広がることになりますね。

関連する記事

次の記事: を読む »

Copyright(C)2017英語ができないと海外で働けない?All Rights Reserved.