英語ができないと海外で働けない?

自分の英語力を活かして海外で働きたい!どれくらいの英語力が必要とされるのか? - 英語ができないと海外で働けない?

更新情報

アーカイブ

カテゴリー

英語ができないと海外で働けない?

海外就職
就職先を探すときに、何も日本だけに視野を絞る必要はありません。
日本の外にも、海外にも仕事はあるのですから、そこから就職する場所を見つけるということも可能なのです。
ですが、海外就職というと、どうしても英語ができなければ無理、と思っている人が多いのではないでしょうか。

海外就職に本当に英語は必要か

英語圏で働くことになるとなると、やはり英語を話せることは必須条件のように思えてきてしまいます。
その場所にいるのは英語を普通に話す人たちばかりなのですから、自分自身が英語を話すことができなければ、話についていくことができなくなってしまいますよね。
話をすることができず、コミュニケーションをとることもできないのなら、仕事をするというのはそもそも無理のように思えてきてしまいます。
それどころか、就職の面接の時点で自分のことをまともに話すこともできずに、仕事先を見つけることもできないかもしれない、というイメージがあります。
海外就職(https://www.careercross.com/job-search/speciality-10)

英語ができなくても仕事は探せる

ところが、実は海外で就職をするということになっても、英語が話せるということは必ずしも必須のスキルではないのです。
実際に、英語力的にはそこまで完璧に仕上がっているわけではないという人達も、海外で仕事を見つけることに成功しています。
そういった人たちは、英語ができないということを理由にしてあきらめることなく、実際にチャレンジして現地で仕事を見つけることに成功している人達です。
英語ができないのになぜ、と思うかもしれませんが、そういったチャレンジ精神こそが海外就職を成功させていることの何よりの理由なのかもしれません。
英語ができないということで、つい海外に出ていくことをあきらめてしまったり消極的になってしまいがちですが、そこで一歩踏み出す勇気が一番必要になってくるのかもしれません。

英語よりも仕事でのスキル

英語はできれば便利なスキルではあるのですが、それだけですべてが決まってしまうわけではありません。
むしろ、英語を流ちょうに話すことができたとしても、それ以外の仕事のスキルがまったくない、ということではその組織の中での評価は低くなってしまうことになります。
自分自身が仕事のなかでどのような価値を発揮できるのか、それを相手に伝えることのほうが、就職先を探すという時点ではとても大切なことなのです。
英語はあくまで言語であり、コミュニケーションのためのツールであり、意思疎通ができれば手段はなんでもいいということになります。
仕事の中で強い価値を相手に見出してもらうことができれば、言語が使えるかどうかは二の次というような評価になるかもしれませんし、まずは自分に何ができるかを考えてみましょう。

英語ができれば幅は広がる

アメリカ英語を話すことができれば、コミュニケーションできる相手が単純に増えることになりますので、仕事を探す際の選択肢はかなり広がることになるでしょう。
海外でも、日本語を主に使える環境を見つけて、そこで就職するという選択も確かに可能です。
そこでならば、海外に生活をしている状態で、日本人と仕事をすることができるので、これも一つの海外就職の形ですね。
ですが、そういった場合はやはり特殊な環境を見つけなければならないということになりますので、仕事探しの幅を狭めてしまうことになるでしょう。
英語を話せることは海外就職では必須のスキルではありませんが、できればより便利というくらいにとらえておくのがよいでしょう。

Copyright(C)2017英語ができないと海外で働けない?All Rights Reserved.